TOP (サイトのトップページへ)

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
<< 江古田ユニバース2013を終えて | main | 木下直人 個展『Nebular-Infant 星雲-幼児』 >>
「水際・瀬戸際・壁の裏」展

 

グループ展のお知らせです。
2012年夏、BankARTスクール「田中+原口」ゼミで集った9名に田中信太郎氏、原口典之氏の計11名。展示にたどり着くまで、紆余曲折ありまくりでしたが、ついに!満を持して開催されます。関内外オープン、ハンマーヘッドスタジオ・オープンと合わせた2日間の日程です。短い展示ですが、充実した内容なので、よろしくお願いします!

『水際・瀬戸際・壁の裏』展

会場:新・港区/ハンマーヘッドギャラリー

日時:2013111日[金]17:00-22:00 2日[土]13:00-19:45

オープニング・レセプション 11/1[金] 18:00-19:30

2012年夏、BankARTスクール「田中信太郎+原口典之ゼミ」で、美術界の2人の先駆者のもと貴重な環境を共有したスクール生は、グループ展の開催を誓って活動の場に戻った。

横浜みなとみらいの「水際」にそびえる、クリエイターたちの巨大なシェア・スタジオ「ハンマーヘッドスタジオ」で制作活動をするグループの7名と独自活動2名の計9名は、2013 年春、再結集しグループによる作品展の企画を始めた。田中、原口両氏とも話し合いを持つなかで、両氏から「ゼミ終了後、1年も経つのでゼミとは関係なく、メンバーの力で開きなさい」との厳しくも暖かい言葉をいただき、議論を重ねた。アウトプットとしての展示について話し合ううち、活動の場は違え各々が何らかの「瀬戸際」にいることに気づく。立ち位置は、ターニングポイントやステップ途中かもしれないし、崖っぷちかもしれない。この認識を踏まえ、踏みこらえ、表現者としての「個」を成り立たせている「壁」さえ取っ払い、「瀬戸際」から現在形でアウトプットされてくるものは何だろうか。田中、原口両氏の作品出展をいただくことができたことは、メンバーの作品制作意欲を奮い立たせている。

阿部 Shizuka Abe

湯浅加奈子 Kanako Yuasa

阿部剛士 Tsuyoshi Abe

岩間正明 Masaaki Iwama

片桐三佳 Mika Katagiri

木下直人 Naoto Kinoshita

木村有貴子 Yukiko Kimura

直子 Naoko Seki

関根麻郎 Asao Sekine

田中信太郎 Shintaro Tanaka

原口典之 Noriyuki Haraguchi

問い合わせ

Tel: 090-4056-9114(岩間) E-Mail: iwama200@nifty.com(岩間)

プライベートオープン(要予約)

113日[日]13:00-20:00 4日[月]13:00-20:00もオープンしています。

ご覧になられる方は、出展作家に直接ご連絡いただくか、

iwama200@nifty.com(岩間)まで。

アクセス

新港ピア 横浜市中区新港2-5

横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口[赤れんが倉庫口]徒歩約10

横浜みなとみらい線「みなとみらい駅」5番出口[けやき通り口]徒歩約10

ご来場の際の注意事項|※新港ふ頭内は、原則、関係者以外の立ち入りは禁止です。

安全管理上、決められたルート以外に建物の外には出ないようお願いします。

新港ふ頭内に来場者用の駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

主催:BankARTschool 田中信太郎・原口典之ゼミ」スクール生有志  
協力: BankART1929+新港ピア活用協議会、 ハンマーヘッドスタジオ新・港区 住民会議

| 展覧会 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.naotoknst.com/trackback/1046097