TOP (サイトのトップページへ)

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
<< 「Fukushima 365days after」展 | main | 4/8 万国橋 >>
展示を終えて
会場風景
酒井猛さん「フクシマダイイチランドセル」
柴田智明さん「ハッピーバースデー・プルトちゃん!」
武田海さん「死神と石」
木村哲雄さん「N氏の優雅な休日」
片桐三佳さん「Shimi-shimi 浜通り」
オオツカリリリさん「閉ざされた報道」
間弓浩司さん「もうじゅうぶんだ」
木下直人「Cloud#9 for Fukushima 」

グループ展「Fukushima 365days after」展を見に来てくださった多くの方々、声援を送っていただいた方々、誠にありがとうございました。3日間の展示でしたが、大盛況のうちに幕を閉じました。

14時46分に会場にいた作家と観客で、震災によって失われた多くの魂に黙祷を捧げました。あの激甚災害から1年が経ち、まだ原発事故の収束も見えぬまま、日々は淡々と過ぎてゆきます。自然は人間のために存在しているのではなく、自然の表面で仮住まいをしているのが人間です。心して自然との関係を見直して行く必要がありそうです。

ぼくの作品の台座には、いわき市平間海水浴場近くで採取した、津波でボロボロになったアスファルトを使いました。ガイガーカウンターで計測したら、ほんの少し線量が高めでした。福島の現状の過酷さを表し、また復興への願いを込めました。

今回の展示を通じ、作家を含めた多くの方々と福島や日本の将来について語り合えたことはとても有意義でした。また、一段落したらぜひもう一度東北を訪れたいと思いました。
| 挨拶 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.naotoknst.com/trackback/1046065